効果のあるseoを探る!

曖昧な知識でのseo対策は反って順位を下げることがありますので知識をつけて行う必要があります。

2017年のseoはどうなる?

2017年のseoは1/13に大きく動くことから始まりました。それは何を意味するのかと多くのseo会社が考えたに違いありません。その後、2/3にこれは日本語対応のアルゴリズム変更を行ったとコメントしました。

これらはネットニュースだけでなく、一般紙にも大きく取り上げられました。たぶん、これはgoogleからのseo会社、アフィリエイターへのメッセージなのだと思います。それはseoはもう無理だからやめなさいということなのだと理解しております。

この「無理」と書いたのは不可能という意味ではなく、採算を考慮するとかなり難しいので「無理」でしょうという意味です。どんどんseo対策を行うのに費用が掛かる方向に進んでいくことが予想されます。

2017年におけるseoの主な問題点

まずは、コンテンツを増やさなければ順位を上げることができないのでそのための「コンテンツ作成の費用」となります。コンテンツはオリジナリティーがあり、ある程度のボリュームが必要となるため、キーワードに精通した人でないと評価されるようなコンテンツを作成することは難しいでしょう。

そうなるとコンテンツ作成の費用が膨大なものになることは想像できるでしょう。これを永遠に続けるとなるとどうなる?と考えるとseoをしないというのも選択肢なのかもしれません。

もうひとつは被リンク対応に対する費用の増大です。こちらも被リンク対策をするとなると古いドメインでコンテンツが十分でとなるとある程度有名なポータルであったりと利用するのが費用面で大変になります。被リンクがなくてもコンテンツが充実していればとお考えかもしれませんが、これこそ自作自演となるのでこれを最上級に評価するとは考えられません。

seoに関連する記事

3/9にアルゴリズム変更?

Fred Updateという聞きなれない言葉がまた出てきました。なんかわかりませんが、アルゴリズムを変えたみたいです。明確な回答は今のところ出ていませんが、先日行ったwelq用のコンテンツ対策とは別の被リンク対策と予想されます。

今後予想される被リンク対策はseo用の被リンクを見抜くためのアルゴリズムの導入となるのでこのあたりがFred Updateにあたるのかもしれません。被リンクサイト特有の癖をAIで学んではフィルターとして導入すると考えております。下手な被リンクならしない方がいいってことになるのかもしれません。

逆に言うとあるパターンにはまった全うなサイトも容赦なくフィルターにかかる可能性があるのです。AIの精度が十分でない場合は非常に大変なことがおこるかもしれません。

アルゴリズム変更にどう向き合うのか?

今のgoogleのアルゴリズムの流れからいうとseoをしているのが陽に見えるものはすべてNGになる可能性があります。また、陰にseoをしていてもAIの学習の過程でばれるとNGとなります。そうするとばれないseoということになります。言い換えるとseoとかなんとかではなく、まっとうなサイトを作るしかないのかもしれません。

また、まっとうなサイトを作ってもgoogleがダメといえばダメなのでそんなもんなんだというあきらめも必要かもしれません。ネットユーザーのユーザビリティーを最重視したサイト作りが一番、フィルター、ペナルティーのリスクが少ないように思います。ただ、ユーザビリティーも人それぞれの考え方があるのでその点はよく考える必要があります。

seo会社の必要性とは

近年、Google社が発表したseoに注目があつまっていて、seoを攻略するためにseo会社やコンサルに、依頼している人も多く見かけます。特に大阪や東京などの大都市でこのような傾向が多く見られ、インターネットビジネスの成長は、まだまだ発展途上にあると言われています。

seoがうまくいけばインターネットビジネスにおいても、成功が近づいていると言われています。それほどに個人も大企業も必死になってseoの研究をしています。本質的な部分だと、ユーザーが利用する上で利用価値の高いサイト運営が必須となります。

アフィリエイトサイトの閲覧数はseo次第

アフィリエイトをはじめとするウェブサイト管理において、重要な作業となる事柄の一つがseo対策です。関連キーワードが用いられた検索エンジンからの検索結果は、コンテンツ内容や適正なリンク、さらに過度でない広告掲載など、品質や評価などによって順位として表示されます。

検索時の結果順位は、ウェブサイトの閲覧を通じて明確化される収益や、広告マーケティングなどへも大きな影響がもたらされます。順位が上位になることで、閲覧数のアップも期待されるため、より効果的なマーケティング業務の推進が可能ともなることでしょう。

大阪、東京でseo会社をお探しなら

有限会社ティーケイティー
〒550-0002
大阪府大阪市西区江戸堀1-23-35
〒102-0083
東京都千代田区麹町2-10-3 エキスパートオフィス麹町
http://www.seo-foa.com/
http://www.tkt-group.co.jp

メニュー

TOP seoとは seo seo対策 ホームページ制作 ホームページ制作会社大阪

ページトップへ戻る